#7017 レッド・ドラゴンの襲撃 で連射を楽しもう

両モデル共によい#7017 Viking Catapault versus the Nidhogg Dragon (レッド・ドラゴンの襲撃) を組んでみました。お値段はクリブリで税込1,990円。

まえから よこから
まずはバイキング・カタパルトから。大きなタイヤが特徴的。ゴムタイヤではないので、何かと流用しやすいです。前についている盾はプリントパーツです。向かって右中に、フィグが乗るスペースがあります。ところどころに角パーツをあしらっていて細かいです。フレームはテクニックパーツをつかって微妙な傾きを表現しています。パーツの色使いが渋いですね。

うしろから大きな弓の部分は、柔らかい樹脂でできていて、鎖パーツで支えています。びよんびよん伸びます。残念というかもったいないなぁ、と思ったところは、この弓の部分が飾りだということです。てっきり発射機構(後述)に使うのかと思っていました。

フル装填 1発発射 2発発射 3発発射
最大の特徴の発射機構です。サッカーシリーズによくある、はじくパーツを使って、武器を発射することができます。なんと3連射が可能です。1発発射すると、カートリッジが下にずれる仕組みになっています。単純だけどよくできています。面白くて何回も遊びました(笑。さりげなく1ポッチ灰スロープがついているのも見逃せません。

やはりいぶし銀ミニフィグは2体。いぶし銀の兜と斧がついています。宝箱と宝石もたっぷりです。

迫力満点お次はレッド・ドラゴン。かなり大きなサイズになります。思っていたより作りが良く、気にいりました。

うしろから羽根は軟質樹脂製(シリコンぽい感触)で目新しいです。手足はもちろん、羽根の付け根もボールジョイントが使われており、ぐりぐり動きます。胴体は結構細かいパーツで組み合わせており、変な一体成型でなく好感が持てます。羽根の付け根の後ろ付近に、さりげなく1ポッチ赤スロープが使われています。

うなじ顔パーツがかっこいいです。下あごはブロックで組んでいます。首の中央部分は一見可動するのかと思いましたが、一体成型で固定されていました。残念。

ばらばら首としっぽをはずしたところ。お腹側はこんな感じです。意味不明なのが、首のつけねの黒+灰のパーツ。なんでこれは2色成型なんでしょうか?しっぽはよくあるタイプで、回すことはできますが上下左右には動きません。しっぽもポージングさせたかったのですが残念です。

レゴ+ニクル様のいいところ取りのセットだと思います。これでこの値段は安いと思います。ニクル様への抵抗がある人も、その考えが変わるかもしれませんよ。角パーツは予備を含め小19本・大4本もついており、角マニアにも最適です(笑


[Amazon] #7016 レッド・ドラゴンの襲撃 税込2,400円
[トイザらス] #7016 レッド・ドラゴンの襲撃 税込1,999円



にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ 人気ブログランキングへ ブログ王ランキング blogram投票ボタン ←応援お願いします
posted by mumu at 2005/09/11 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ セットレビュー | edit | ▲TOP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※最近スパムが多いのでお手数ですが入力をお願いします。
※seesaaのサーバーが重い場合があり、コメントがなかなか反映されない場合があります。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。