本来のブロック遊びというものを考える

うださんの記事0205さんの記事で紹介されている、産経新聞 ENAKの記事「大人も楽しいブロック玩具」を読んでみました。「ダイヤブロック」と「レゴ」に情熱を燃やす大人たちにインタビューしたものです。



本来のブロック遊びからは少し外れてしまった」う〜ん、確かに言えてるかもしれません。

マニュアルに従って作っただけのセットが多いこと多いこと。オリジナルだけでなく組み替え例の作成さえもしていません。パーツは結構あるはずなのに、それに見合った数の作品ができていません。完成度の高いものを求め、リアルに表現させることにこだわり過ぎなのかもしれません。

私が小学生のころは、ダイヤブロックで遊んでいました。少ないパーツを駆使して、ガンダムに出てくるGアーマー(リンク先は HGUC 1/144 Gアーマー)を作ったことを思い出しました。組み換え(差し替え)でガンダムと分離・Gファイター・Gブルなどになるものです。基本ブロックしかなかったので、ギミックなどあるはずもなく直立不動、雰囲気で勝負!といったものでした。ただそれでも脳内補完して十分楽しめていました。

パーツが多ければ必ず良い作品ができるものではない、と再認識させられた記事でした。かなり記憶は薄れているのですが、Gアーマーをレゴで再現させてみて、当時の記憶をたどっていきたいな、と思います。


にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ 人気ブログランキングへ ブログ王ランキング blogram投票ボタン ←応援お願いします
posted by mumu at 2005/08/01 22:06 | Comment(2) | TrackBack(1) | レゴ その他 | edit | ▲TOP
この記事へのコメント
一番どのときがたのしかったかと聞かれたら、少ないブロックでいろいろ組み替えて遊んでるときが一番楽しかったわけで、パーツが増えるとあれはこうだ!!こうじゃないと!!見たいな責務が自分の中から生まれちゃうんですよね。

最初のころはそれを許容できたのに。
Posted by 0205 at 2005/08/02 08:28
0205さんコメントありがとうございます。
せっかくそれぞれのセットを自由に組み合わせることができるのに、それをしないということはもったいないですね。今回の記事はホント考えさせられました。

でもプラモデル的に組むのも楽しいです。両方を楽しめたらいいな、と思っています。
Posted by mumu at 2005/08/02 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※最近スパムが多いのでお手数ですが入力をお願いします。
※seesaaのサーバーが重い場合があり、コメントがなかなか反映されない場合があります。

この記事へのトラックバック

[LEGO]だろだろ!!そうだろ!!大人も楽しむだろ!!
Excerpt: うだ氏のブログ見たら、この記事を紹介していたのでこちらでも紹介。 大人も楽しいブロック玩具[産経新聞ENAK] http://www.sankei.co.jp/enak/2005/jul/ki..
Weblog: 0205LEGOlog
Tracked: 2005/08/01 22:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。