レゴFAQ:トラブル - 困った時に -



パーツが足りない!


 まずまわりに落ちていないかしっかり探すこと。袋の中や箱の中に入ったまま捨てている場合がある。次に組み間違いが無いか確認。それでも無い場合は、コンシューマーサービスに連絡すれば、足りないパーツを送付してもらえる。


違うパーツが入っている!


 組み間違いが無いか確認。間違っていない場合は、コンシューマーサービスに連絡すれば、正しいパーツを送付してもらえる。余分なパーツは送り返す必要はない。


パーツが変形している!


コンシューマーサービスに連絡すれば、新しいパーツを送付してもらえる。変形したパーツはある意味レア物なので大切に保管しておこう。


パーツが余った。


 小さなパーツの場合、なくしやすいため予備として入っていることが多い。大きなパーツの場合は、まずは組み間違いを疑おう。


同じ色のはずなのに、色が微妙に違う。


 薄灰色、濃灰色、茶色などが2003年後半に新色に変更された。同じ色でも、色むらがある場合がある。


白色のパーツが黄色くなった。


 白色パーツは特に経年劣化が激しいので、日陰に保存を推奨。それでも劣化は防げないので、あきらめる。
 漂白すれば白くなるが、自己責任で。



パーツが外れない!外し方を教えて!


 無理にがんばると爪が割れるし、歯で噛んで外すと歯型がつくのでやめよう。

ブロックはずし#630 ブロックはずし (LEGO Brick Separator)という便利なものがあるので活用しよう。青・赤バケツに同梱されている。クリブリやネットショップで単品購入可能。

 2011/09頃、新しいブロックはずしが発売された模様。

 タイルやレバーの土台の場合、耳かきで外すという手もあり。

 カチカチヒンジを外すには、ちょっとしたコツが必要。


棒パーツが抜けない!


 棒パーツの差し込む向きによっては抜けにくくなる場合が多い(若干厚みが異なる部分があるため)。布などで包みラジオペンチ等で引き抜くと良い。


パーツが割れた…


 クリップパーツが割れやすい。クリップパーツは消耗品と考えよう。レゴブロックはABS樹脂でできているので、通常のプラスチック用の接着剤ではなく、ABS樹脂用の接着剤を使って修理することができる。






▼タグ:レゴ FAQ パーツ
にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ 人気ブログランキングへ ブログ王ランキング blogram投票ボタン ←応援お願いします
posted by mumu at 2005/06/01 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ FAQ | edit | ▲TOP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※最近スパムが多いのでお手数ですが入力をお願いします。
※seesaaのサーバーが重い場合があり、コメントがなかなか反映されない場合があります。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。