レゴFAQ:レゴの基本 - まずはここを押さえよう -



レゴ(LEGO)とは


 レゴ(LEGO)は、プラスチック製の組み立てブロックの玩具。LEGOの名称は、「よく遊べ」を意味するデンマーク語 "leg godt"から。正確には「レゴ(LEGO)」はブランド名であり、レゴ社のブロックのことは「レゴブロック(LEGO Bricks)」と呼ぶ。


ブロックの種類は?


 年々種類は増えているが、主なものは以下。

  • ブリックブリック (例:3001: Brick 2 x 4)
     厚みのあるブロック。一般の人がレゴと聞いて思い浮かべるのがこれだろう。

  • プレートプレート (例:3020: Plate 2 x 4)
     薄い板状のブロック。過度に力をかけると割れやすいので注意。
     小さなものはなくしやすい。家具の裏・下、掃除機の中で見つかりやすい。

  • タイルタイル (例:2431: Tile 1 x 4)
     プレートの厚さでスタッド(突起)のないつるつるのパーツ。造形の完成度を高めるために突起をかくしたい場合に使われる。
     多用しすぎると、レゴっぽくない、と言われる諸刃の剣。



2x4ブリック2個の組み合わせ方は何通り?


 24通り。3個では1060通り、6個では102981500通り。ブロックの色や形はたくさんあるため、組み合わせは無限の可能性があると言われている。


ブロックの縦横比が微妙に違うんだけど?


 レゴブロックは1/8インチというサイズをベースに設計されている。ブロックの幅や厚みの基準が同じでないのは、色々な組み合わせを可能にするために考えられているから。

     
  • プレート(板)の厚みは1/8インチ。
     
  • プレート3枚の厚さはブリック1つの高さと同じプレート3枚の厚さはブリック1つの高さと同じ。

     
  • プレート5枚の厚さはスタッド(突起)2つの幅と同じプレート5枚の厚さはスタッド(突起)2つの幅と同じ。

     
  • スタッドの隙間はプレートの厚みと同じスタッドの隙間はプレートの厚みと同じ。


 この微妙な厚みの違いで苦労することも多い。


ブロックの色は何種類ある?


 一般的な基本色は、赤、黄、青、黒、白、灰色の6色。
 なぜか緑が含まれていないが、軍事モデルに使用されてレゴ社が戦争を推奨していると見られることを懸念し作らなかったらしい。しかし最近ではその懸念は過去のものとなり、緑色パーツは増えつつある。
 現在では基本色以外にも、濃灰色、茶色、タン色、パステルカラー、透明など、様々な色のブロックが登場している。







▼タグ:レゴ FAQ パーツ
にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ 人気ブログランキングへ ブログ王ランキング blogram投票ボタン ←応援お願いします
posted by mumu at 2005/06/01 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ FAQ | edit | ▲TOP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※最近スパムが多いのでお手数ですが入力をお願いします。
※seesaaのサーバーが重い場合があり、コメントがなかなか反映されない場合があります。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。